できるかぎり音、音楽のテーマ限定にします。


by myaudio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
御茶ノ水のオーディオユニオンで、
アキュフェーズのDF45と、プリアンプDC330を買いました。
DF45は新品。で、プリのほうは中古。
ホソケン式のDCX2496は、出力がデジタルが良いのですが、現実にいいデジタルアンプがまだ手に入らないというか、わたしが躊躇しているだけ。
で、とりあえず、しばらくは、デジタルチャンデバであるが、出力はアナログ式のDF45にしてみたわけです。

春日二郎氏の本を読むと、マルチアンプは、ミッドバスがキモと書いてあって、確かに、このミッドバスのアンプが良くないと、全体の品位が落ちるんです。経験済み。
なので、ミッドバスは、クレルのKAV500iにしています。
ドライバは、いまのところ2426をショートホーンにしたけど、これは真空管。オーディオスペースのmini2にしてみました。
前に、EARの579をドライバにつないでみたとき、密度の濃い音になったので、真空管にしてみたわけです。
もともとクレルもなんとなく真空管的な音。なので、合うのではないかと。
DF45とDC330とmini2を一気に買ったので、一気にお金が消えていきました。

c0124698_1741952.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-06-07 17:41
この軽いコーンの奏でる音というのは、結局、ダイアトーンのP610とか、パイオニアのPE-16とかと、設計思想が同じというか、似た音になりますね。
もちろんメーカーによる違いはあるが、軽量コーンという意味では共通している。
バランスという点では、シングルコーンのほうが、上から下の周波数まで振動板が同じなので、2ウェイよりも勝っている。写真は、上がp-610、下が130と、横の小さいのがPE16です。
PE16は、わたしが中学生の頃に、にほんばしのニノミヤ無線に視聴しにいった記憶があります。そのとき、結局買ったのは、パイオニアのPAX-16F。しかもステレオのお金がないので、ひとつだけ。中学の技術工作室で板を切って、箱を作りました。ゆるゆるの工作なのに、サランネットだけピカピカする金の入った高級なものにしたので、かなり変な箱だった記憶が。バッハの管弦楽組曲が焼きついている頃なんですが、今ヒラリー・ハーンなどでそれを聴くと、やたらにせわしない。

c0124698_9163173.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-26 09:16
いままで、ツィーターはJBLの場合、2405しか知らなかった。
で、伝説の2402を手に入れた理由は、当然130につなぐのに、2405だとクロスが高すぎて、やはり2.5キロから使える2402がほしかったわけです。
今日はじめて聴いてみて、予想以上に良いです。
刺激的な音がしない。まろやか。温和。
この前には、臨時で、2426をつないでいましたが、
あまりにも強烈すぎて、130が完全に負けていました。肩の凝りそうな音。
というか気が上がってしまうので、健康にも良くないでしょう。
2402は、そもそも130が低音が出ないので、
やや弱めにすると、バランスが取れる。いまのところ、マイナス10デシベルで、
4000キロヘルツでつないでいます。

130と2402あるいは075は、初期のJBLのセットですが、
現代でも、何も不足は感じないですね。
というより現代のスピーカーは振動板が重いので、逆に不自然に聞こえるわけだし、
音楽を聴くという目的でいえば、このオールドなほうがいいと思うことは多いです。

c0124698_18531848.jpg

c0124698_18534127.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-25 18:55
いまのところ、まだデジタル化しておらず、アキュフェーズのF25で3ウェイになっています。

c0124698_1824434.jpg


低音は、ヤマハのMX-D1。ドライバは、フライングモールのDAD-M310、ツィーターは、同じくDAD-M101です。

わたしは朝六時から事務所で仕事していて、ひどいときには、今日のように、夕方六時半になっても、同じ場所に座っている。なので、その間は、ずっとCDを聴いたりしていますから、10時間とか12時間とか、聴くこともあるわけですね。というか、頻繁に。
しまいに、頭が痛くなってきます。
中学生の頃から、もう毎日何時間も聴いたりしています。

なので、オーディオがいくつかのセットがあっても、一日のうちに、それをとっかえひっかえということはよくあるので、多すぎることもないのではないかと思います。
パソコンに、テキストを入力することが多い。
その間、ずっと耳は空いているので、聞き続けるのです。
一日にCD十枚程度は軽い。
全集は全部一枚目から、全部聴いたりする。一日で。
パソコンの表示のためのCRTは、大きいほうがいいと思い、
最近は、シャープのアクオスのフルハイビジョン37インチにしています。
これはとても見やすい。


c0124698_1836799.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-25 18:36
JBLのE-130に比較して、低音も高音も伸びている、現代的なセットは、ソナス・ファベールのクレモナと、それを駆動するフルデジタルアンプ、ソニーのTA-DR1 Verupと、エソテリックのX03の組み合わせです。
これは音が良いのかというと、ちょっと疑問。
まずクレモナは、音がちょっと乾いているというか、スピーカーから音が飛び出してきません。
低音はどんよりしています。

アンプのソニーDR1は、特徴のない冷たい音というか、神経質です。そしてやはりデジタルらしく薄い。これも乾いているので、クレモナの乾いた感じをよけい強調します。
アンプに関しては、クレルのKSA-500iは、まるで真空管アンプのような鳴り方をします。しかし、ゆるゆるで、音が締らない。リラックスしすぎというか、脱力系ですね。イージーに聴くには、クレルはいいけど。

というわけで、案外とクレモナのセットはあまりたくさん聴いてないのですね。
ダイヤトーンのP-610のほうが良いと思うこともある。このP610は最近手に入れて、気に入っています。ついでに、勢いで、パイオニアのPE-16も手に入れたけど。

c0124698_17274042.jpg
c0124698_1728298.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-25 17:28
ADコンバータから送られる音は、鮮度が良くない。変換につぐ変換というのは、やはり問題があるようです。

なので、ちょっと中断して、今日JBLの2402が届いたので、オールドなシステムを組みました。
ウーファーは、JBL E-130が入っています。これも先週届いたもの。
130なので、重低音は出ませんが、それははじめから期待してない。
たぶん計算すると130リットルくらいの箱です。きわめて頑丈です。
2402との2ウェイは、シンプルで軽くて、音に敏感なので、魅力的です。
おとどしまで持っていたアルテックの604-8H入りの620箱のものも、こういうふうに敏感でした。その後に手に入れたオンケン箱の416と820Dのセットも。

プリメインアンプは、KRELLのKSA-500i。それと、プレーヤはWADIA850STD。
全部洋モノで、日本のが入ってないね。
あ、ひとつだけ、ツィーターにトランス式でフォステクスのアッテネーターかませている。
これジャズ用にしか見えませんが、実際はブラームスのピアノ曲なども聴いています。

c0124698_15582962.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-25 15:58
ホソケンさんの改造版DCX2496を手に入れました。これは、ベリンガーのチャンネルデバイダを、デジタル出力に改造したものです。
これを使って、デジタルシステムを組もうと思いますが、
その場合、まず必要なのは、DCX2496に入力するデジタル信号変換機。

CDプレーヤーからそのままデジタル信号入れてしまうと、ボリューム調整ができません。
なので、CDプレーヤのアナログ出力を、ボリューム調整するか、プリアンプ通して、それから、ADコンバータに入れる必要があります。で、ネットをあちこち探して、フォステクスのAC2496を見つけました。これは定価8万円の、専用コンバータです。夕方にトモカ電気に電話し、次の日の早朝に振込んだら、その次の日にはもう届きました。早い。
チップはAK5393なので、ベリンガーのチャンデバDCX2496の中に入っているものと変わらないのですが、だからといって同じ音にはならないです。すこし太い音になるけど、なかなか感じは良いです。
ちょっと面倒なのは、このフォステクスAC2496は光出力しかないんです。なので、同軸デジタル入力になるDCX2496に入れるには、光・同軸変換機が必要です。これはオークションで、数千円で展示品を手に入れました。おなじフォステクス。
これで、デジタル入力のチャンデバに入れる準備は整いました。

c0124698_11124030.jpg


チャンデバの後は、フルデジタルのアンプで受けると一番理想的。
しかし、問題は、まだ市場にフルデジタルアンプがそう多くないことですね。
KATYANさんのブログを参考にして、ソニーのTA-F501を二台手に入れました。
実験用なのでとりあえず二台。
しかし、あまり音が良くない。線が細い、不安定ぽい。押し出しがない。
安いからというわけでもないと思います。
なぜなら、わたしはフライングモールのDAD-M100と、M310を持っていますが、
とくにM100は、安いけど、値段に比較すると、かなり音は良いです。
アコースティックエナジーのAE1Classicが普通に鳴るのにはびっくりしました。
とりあえず、実験用に、ソニーのF501をつないでテストします。数日後までに。
で、気に入らないのなら、DACつないで、普通のアナログ入力アンプそれこそフライングモールでもつないで見ます。
もともとデジタルアンプが好きで、フルデジタルアンプというと、実はソニーのTA-DR1verupを持っています。その前はエソテリックのAZ-1でしたが、これは音が鮮度が高いことに驚くとともに、その音の薄さには辟易しました。いまはDR1はソナスのクレモナに繋いでいます。音は悪くはない。普通。(味がないけど。ただしアナログ入力はわりにへんです。)まさかこれを数台マルチにする、というのはあまりにも非現実的。

c0124698_11192829.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-18 11:19
ウーファーは2235.これは最近2226から交換しました。重たいですが、低音アンプが、ヤマハのMX-D1なので、そこまで鈍重にはならないです。むしろ重い音を求めて、2235に戻したのです。

ドライバは2445J。これも前に持っていて、また手放して、最近安く手に入れた。聴きなれているので、いつもの音だと思い出しました。やはりホーンが大きいと、リラックスする音でよいですね。いっそのこと巨大なホーンである2360にしてみたらどうかと最近考え中。オークションで出ていたので、様子見てたら、予定の日になる前に、消失。

ツィーターは2405.さえない音だと思うけど、無難。
ミッドバスも箱入りがあるけど、一時的に、ウーファーのすぐに上にホーンつないでみたら、案外と聴けるので、いまはこの3ウェイになっています。

c0124698_1042093.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-17 10:05
マルチアンプに関心があり、しばらく模索するつもりで、ブログをスタートします。
ブログはいままでしたことがないので、要領がまだわからない。
2007年の5月17日、だいたい朝の八時くらいがはじまりです。
c0124698_8342932.jpg

[PR]
# by myaudio | 2007-05-17 08:21